ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

東京シーサイド
お台場エリア周辺の公園オフィシャルサイト

海上公園ガイド

English
中文(繁体)
中文(簡体)
한국어
日本語

東京港野鳥公園

前日確認された鳥

前日にレンジャーが確認した野鳥全種類を、写真付きで紹介しております。
 
野鳥を探すこちらを押してください
出現率
:90%以上:50%〜90%未満:10%〜50%未満:1%〜10%未満
  • カルガモ
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:10%~50%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:10%~50%未満 カルガモ

    カルガモこのウインドウを閉じる

    カルガモ
    カルガモ

    英名:Spot-billed Duck

    学名:

    Anas zonorhyncha

    特徴

    全国の水辺で1年中見られる(北海道では冬に少ない)。
    他のカモの雌に似ているが、比較的大型。
    腰の部分に白い三日月模様(三列風切羽根の縁が白い)、飛ぶ時、腹は黒く見える。
    水辺の草地に巣をつくる。
    グェ、グェと太い声。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月
    50-90%未満
    11月、3月
    10-50%未満
    12月、1月、2月
    1-10%未満
  • ホシハジロ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:50%~90%未満 出現率:7月 出現率:50%~90%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 ホシハジロ

    ホシハジロこのウインドウを閉じる

    ホシハジロ
    ホシハジロ

    英名:Common Pochard

    学名:

    Aythya ferina

    特徴

    湖沼や河川に飛来(北海道では一部繁殖)。
    雌は全身褐色で目のまわりに白っぽい線。
    オオホシハジロは似ているがまれで、大きく、首やくちばしが長い。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    5月、6月、7月、10月
    10-50%未満
    8月
    1-10%未満
    9月
  • キンクロハジロ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:50%~90%未満 出現率:8月 出現率:50%~90%未満 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 キンクロハジロ

    キンクロハジロこのウインドウを閉じる

    キンクロハジロ
    キンクロハジロ

    英名:Tufted Duck

    学名:

    Aythya fuligula

    特徴

    湖沼、河川、湾に飛来(北海道では一部繁殖)。
    雄は冠羽が後頭部に垂れている。
    雌はくちばしの付け根に白い斑があるものがいるが、スズガモの雌の斑より小型。
    クビワキンクロはごくまれな冬鳥で、雄はキンクロハジロに似てくちばしの基部が白。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    5月、7月、8月、9月
    10-50%未満
    6月
    1-10%未満
  • スズガモ
    出現率:1月 出現率:50%~90%未満 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:50%~90%未満 出現率:5月 出現率:10%~50%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:90%以上 スズガモ

    スズガモこのウインドウを閉じる

    スズガモ
    スズガモ

    英名:Greater Scaup

    学名:

    Aythya marila

    特徴

    湾に飛来するが、海に近い淡水域でも見られる。
    底が泥地の湾を好み、大群になることが多く、夏も残っているものが少数ある。
    雌はくちばしの付け根に白い斑。
    似ているアカハジロ(背面が水色)やコスズガモ(頭の上がとがって見える)はごくまれ。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    12月
    50-90%未満
    4月、10月、11月、1月、2月、3月
    10-50%未満
    5月、7月、8月
    1-10%未満
    6月、9月
  • カイツブリ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 カイツブリ

    カイツブリこのウインドウを閉じる

    カイツブリ
    カイツブリ

    英名:Little Grebe

    学名:

    Tachybaptus ruficollis

    特徴

    湖沼や流れの緩い河川にすみ、北日本では冬に暖地に移動。
    ヨシなどの植物や杭(くい)を支えにして、水上に浮いたような巣をつくる。
    ひなにはしま模様。繁殖期にはキリリ…とけたたましく鳴く。
    ●カイツブリはほぼ1年中見られ、小型のカモ類より小さい。
    ●カモ類より胴が短く、くちばしがとがっている。
    ●潜って魚などを食べ、驚いたり逃げる時にも潜ることが多い。
    ●陸に上がることはほとんどない。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    10-50%未満
    1-10%未満
  • キジバト
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:50%~90%未満 出現率:7月 出現率:50%~90%未満 出現率:8月 出現率:50%~90%未満 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 キジバト

    キジバトこのウインドウを閉じる

    キジバト
    キジバト

    英名:Oriental Turtle Dove

    学名:

    Streptopelia orientalis

    特徴

    市街地から山地まで(北海道では夏鳥)。
    ほぼ一年中繁殖しており、雌雄2羽で見ることが多い。
    3羽では親子の可能性がある。
    幼鳥は首のしま模様が薄い。
    雄はデッデ、ポッポーと低い声で繰り返し鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    5月、6月、7月、8月
    10-50%未満
    1-10%未満
  • アオバト
    出現率:10%~50%未満 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 アオバト

    アオバトこのウインドウを閉じる

    アオバト
    アオバト

    英名:Japanese Green Pigeon

    学名:

    Treron sieboldii

    特徴

    九州以北の山地の林で繁殖するが、北日本のものは秋冬に暖地に移動。
    海岸に塩水を飲みに来ることがある。
    飛び方はキジバトよりドバトに似て、翼をのばしてひらひらした感じ(キジバトは翼を曲げ、ギクッ、ギクッと硬い感じのはばたき)。
    繁殖期以外は群れることが多い。
    繁殖期には、アーオアオ、オーアなどと鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    1-10%未満
    7月、8月、9月、10月
  • カワウ
    出現率:1月 出現率:2月 出現率:3月 出現率:4月 出現率:5月 出現率:6月 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 出現率:11月 出現率:12月 カワウ

    カワウこのウインドウを閉じる

    カワウ
    カワウ

    英名:Great Cormorant

    学名:

    Phalacrocorax carbo

    特徴

    本州以南、特に関東、東海、近畿に多い。
    東北では夏鳥で九州以南では冬鳥。
    樹上で繁殖し、採食地と往復する群れが列をつくって飛ぶ。
    繁殖中(関東では冬に多い)は頭部や腰に白い羽が生じる(=ウミウ)。
    ●体は黒く大型、首も尾も長い。
    ●体を沈めて泳ぐので、首しか見えないような感じ。
    ●鋭いくちばしで、潜って魚を食べる。
    ●群れで長距離を飛ぶ時には、列をつくる。
    ●水際で休んでいることも多く、その際、翼を広げることがある。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    10-50%未満
    1-10%未満
  • ゴイサギ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 ゴイサギ

    ゴイサギこのウインドウを閉じる

    ゴイサギ
    ゴイサギ

    英名:Black-crowned Night Heron

    学名:

    Nycticorax nycticorax

    特徴

    本州以南の水辺に多く、本州から九州の林で集団で繁殖する。
    日中は草や木のしげみで休み、夕方から活動することが多い。
    幼鳥や若い鳥は褐色に白いまだら模様がある。
    成鳥の色彩になるまでに3年ほどかかり、目の色は黄色から次第に赤くなる。
    飛びながらクワッと鳴く。
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、1月
    1-10%未満
    4月、12月、2月、3月
  • ササゴイ
    出現率:10%~50%未満 出現率:1%~10%未満 出現率:1%~10%未満 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:10%~50%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:10%~50%未満 出現率:1%~10%未満 ササゴイ

    ササゴイこのウインドウを閉じる

    ササゴイ
    ササゴイ

    英名:Striated Heron

    学名:

    Butorides striata

    特徴

    本州以南の河川や湖沼に飛来し、近くの樹上で繁殖する。
    山地の河川や湖沼にも飛来する。
    暖地では越冬するものもあり、沖縄では冬鳥。
    飛びながらキューゥと鋭く鳴く。
    熊本県などの公園では、小枝や葉などの疑似餌を使って魚をおびき寄せる「まき餌漁」をするササゴイが観察されている。
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    5月、6月、7月、8月
    1-10%未満
    9月、10月
  • アカガシラサギ
    出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:12月 出現率:1%~10%未満 アカガシラサギ

    アカガシラサギこのウインドウを閉じる

    アカガシラサギ
    アカガシラサギ

    英名:Chinese Pond Heron

    学名:

    Ardeola bacchus

    特徴

    水田や湿地に少数が飛来する。熊本県や千葉県などで繁殖例もある。
    夏羽では頭部と胸が赤褐色になる。
    参考:『フィールドガイド日本の野鳥』
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    1-10%未満
    5月、6月、7月、8月、12月
  • アマサギ
    出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 アマサギ

    アマサギこのウインドウを閉じる

    アマサギ
    アマサギ

    英名:Cattle Egret

    学名:

    Bubulcus ibis

    特徴

    水田や草地に飛来するが、暖地では冬を越すものもいる。
    他のサギより乾燥したところにもいる。
    冬羽は全身白くなりチュウサギに似ているが、小さく、首が短い。
    声はグアー。
    牛や耕作機の周りに群れて、飛び出す虫をねらう習性がある。
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    9月
    1-10%未満
    5月、6月、7月、10月
  • アオサギ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 アオサギ

    アオサギこのウインドウを閉じる

    アオサギ
    アオサギ

    英名:Grey Heron

    学名:

    Ardea cinerea

    特徴

    九州以北での林で集団繁殖し、各地の水辺で見られる。
    北日本では、秋冬に暖地に移動するものが多い。
    正面からは白く見えるが、横、後ろからは灰色に見える。
    成鳥では首が白く、頭に黒い冠羽があるが、若い鳥では首や冠羽の部分がぼやっとした感じ。
    立ったまま翼を半開きにして、日光浴をする。
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    10-50%未満
    1-10%未満
  • ダイサギ
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:10%~50%未満 出現率:3月 出現率:10%~50%未満 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 ダイサギ

    ダイサギこのウインドウを閉じる

    ダイサギ
    ダイサギ

    英名:Great Egret

    学名:

    Ardea alba

    特徴

    コサギ同様さまざまな水辺で見られるが、九州から本州に夏鳥として飛来し繁殖するものと、冬鳥として飛来するものがある。
    一般に体が大きなものほど動きが少なくなる傾向があるが、コサギのように足早に歩きまわるよりも、より深い水辺をゆっくり歩くか、じっと立っていることが多い。
    ゴワーと鳴く。
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
    50-90%未満
    10-50%未満
    1月、2月、3月
    1-10%未満
  • チュウサギ
    出現率:3月 出現率:1%~10%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:10%~50%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:1%~10%未満 チュウサギ

    チュウサギこのウインドウを閉じる

    チュウサギ
    チュウサギ

    英名:Intermediate Egret

    学名:

    Egretta intermedia

    特徴

    九州から本州に飛来するが、暖地では越冬するものもいる。
    夏羽はコサギに似ているが大きく、くちばしが短めで、背の飾り羽はまっすぐ長い(コサギでは短く、上に反る)。
    冬羽はダイサギに似ているが小さく、くちばしが短い。
    コワーと鳴く。
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    4月、5月、8月、9月、10月
    1-10%未満
    6月、7月、11月、3月
  • コサギ
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:10%~50%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:50%~90%未満 コサギ

    コサギこのウインドウを閉じる

    コサギ
    コサギ

    英名:Little Egret

    学名:

    Egretta garzetta

    特徴

    本州から九州の林で集団で繁殖し、各地の水辺で見られる。
    カラスほどのサイズだが、白いサギでは小型。
    繁殖期の一時期に足と目元がピンク色になる(婚姻色)。
    活発に動き(=アマサギ)、浅い水辺では、足をふるわせるようにして魚をとることがある。
    時々グアーとしわがれ声を出す。
    ●カラス大以上が多い(ヨシゴイなどはハト大)。
    ●首や足が長い(首を縮めているものもいる)。
    ●長めの鋭いくちばしで、魚などをとる。
    ●飛ぶと首を縮める(×コウノトリ・トキ科、ツル科)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月
    50-90%未満
    12月、3月
    10-50%未満
    1月、2月
    1-10%未満
  • バン
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:10%~50%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:50%~90%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:50%~90%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:10%~50%未満 出現率:12月 出現率:10%~50%未満 バン

    バンこのウインドウを閉じる

    バン
    バン

    英名:Common Moorhen

    学名:

    Gallinula chloropus

    特徴

    河川や湖沼、水田など湿地で繁殖し、関東以南の湿地で越冬。近年、公園の池などで、人から餌をもらうものが増えた。泳ぐ時は首を前後に振る(=オオバン)。クルルッと鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    4月、5月、6月、10月、3月
    10-50%未満
    7月、8月、9月、11月、12月、1月、2月
    1-10%未満
  • ヒメアマツバメ
    出現率:1月 出現率:1%~10%未満 出現率:2月 出現率:1%~10%未満 出現率:3月 出現率:1%~10%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:1%~10%未満 出現率:12月 出現率:10%~50%未満 ヒメアマツバメ

    ヒメアマツバメこのウインドウを閉じる

    ヒメアマツバメ
    ヒメアマツバメ

    英名:House Swift

    学名:

    Apus nipalensis

    特徴

    最近になって日本で分布を広げ、茨城県以南の太平洋岸の市街地や河川の上空で一年中見られる。
    イワツバメやコシアカツバメの巣を奪って利用することがある。
    チリリリィーなどと鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    5月
    10-50%未満
    4月、6月、7月、8月、9月、10月、12月
    1-10%未満
    11月、1月、2月、3月
  • イカルチドリ
    出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 出現率:11月 出現率:1%~10%未満 出現率:12月 出現率:1%~10%未満 イカルチドリ

    イカルチドリこのウインドウを閉じる

    イカルチドリ
    イカルチドリ

    英名:Long-billed Plover

    学名:

    Charadrius placidus

    特徴

    九州以北の河原で繁殖し、北日本では秋冬に暖地に移動。
    コチドリよりやや大きく、くちばしが細長く、飛ぶと翼に薄い帯が見える。
    声はコチドリに似る。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    8月
    1-10%未満
    7月、9月、10月、11月、12月
  • コチドリ
    出現率:3月 出現率:10%~50%未満 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 コチドリ

    コチドリこのウインドウを閉じる

    コチドリ
    コチドリ

    英名:Little Ringed Plover

    学名:

    Charadrius dubius

    特徴

    九州以北の河原、海岸、干拓地で夏鳥(南日本では冬を越すものもあり、南西諸島では冬鳥)。
    小石や砂の地上で繁殖する。
    冬羽は幼鳥のように淡い色になる。
    ピオとやさしい声で鳴き、繁殖期には、飛びながらピッピッピッと続けて鳴く。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月
    50-90%未満
    9月
    10-50%未満
    3月
    1-10%未満
    10月
  • メダイチドリ
    出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 メダイチドリ

    メダイチドリこのウインドウを閉じる

    メダイチドリ
    メダイチドリ

    英名:Mongolian Plover

    学名:

    Charadrius mongolus

    特徴

    主に干潟に飛来。
    雌夏羽は胸の赤味が淡い。
    小声でクリリッと鳴く。
    まれなオオメダイチドリはやや大きく、足の色が淡い。

    出現エリア

    潮入りの池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    5月
    1-10%未満
    4月、7月、8月
  • セイタカシギ
    出現率:3月 出現率:1%~10%未満 出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:50%~90%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:1%~10%未満 セイタカシギ

    セイタカシギこのウインドウを閉じる

    セイタカシギ
    セイタカシギ

    英名:Black-winged Stilt

    学名:

    Himantopus himantopus

    特徴

    水田、埋め立て地の水溜まり、入り江などに飛来するが、繁殖するものや、冬を越すものもいる。
    雄夏羽は頭上が黒く、冬羽では薄くなる(頭の白い雄、黒い雌などもいる)。
    若鳥は背に褐色味があり、次列風切羽の先が白い。
    キッキッとかピュイーと鳴く。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    8月
    10-50%未満
    6月、7月、9月、10月
    1-10%未満
    4月、11月、3月
  • アオアシシギ
    出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:1%~10%未満 アオアシシギ

    アオアシシギこのウインドウを閉じる

    アオアシシギ
    アオアシシギ

    英名:Common Greenshank

    学名:

    Tringa nebularia

    特徴

    干潟、水田、河川、湖沼などの湿地に飛来。
    ハト大で、活発に動く。
    くちばしはやや上に反っている。
    足は緑味のある灰色。
    飛ぶと背から腰が白い。
    足が短いカラフトアオアシシギは、世界的にも個体数が少なく、ケェーなどと鳴く。
    オオキアシシギは足が黄色、コキアシシギも似ているが大きさはコアオアシシギに近い。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    9月、10月
    1-10%未満
    4月、5月、7月、8月、11月、
  • キアシシギ
    出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:50%~90%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 キアシシギ

    キアシシギこのウインドウを閉じる

    キアシシギ
    キアシシギ

    英名:Grey-tailed Tattler

    学名:

    Heteroscelus brevipes

    特徴

    海岸、干潟、河川に飛来。
    上面は濃い灰色で、飛翔時も白い部分はない。
    澄んだ声でピューイと鳴き、ピピピと続けたり、群れで鳴き交わしたりする。
    まれなメリケンキアシシギの夏羽は、下面のしま模様が腹から尻まで明瞭。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    5月、8月
    10-50%未満
    7月、9月、10月
    1-10%未満
    4月、6月
  • ソリハシシギ
    出現率:5月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 ソリハシシギ

    ソリハシシギこのウインドウを閉じる

    ソリハシシギ
    ソリハシシギ

    英名:Terek Sandpiper

    学名:

    Xenus cinereus

    特徴

    干潟、河川、水田などに飛来。秋に多い。
    ムクドリよりやや小さく、速足で活発に動く。
    色はキアシシギより淡く、冬羽はより淡い。
    次列風切羽が白い(=アカアシシギ)。
    ピリピリピリなどと笛ののような声。

    出現エリア

    潮入りの池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    5月、8月、9月
    1-10%未満
    7月
  • イソシギ
    出現率:1月 出現率:50%~90%未満 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:50%~90%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 イソシギ

    イソシギこのウインドウを閉じる

    イソシギ
    イソシギ

    英名:Common Sandpiper

    学名:

    Actitis hypoleucos

    特徴

    全国的にほぼ一年中、干潟や水田、湖沼、河川などあらゆる水辺で見られるシギ科はこの鳥だけで、1~2羽でいることが多い(北海道では夏鳥、沖縄では冬鳥)。
    スズメとムクドリの中間の大きさ。
    腹の白が肩先に切れ込んで見える。
    巣は草地につくる。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    8月、9月、10月、11月、12月
    50-90%未満
    4月、5月、1月、2月、3月
    10-50%未満
    6月、7月
    1-10%未満
  • トウネン
    出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 トウネン

    トウネンこのウインドウを閉じる

    トウネン
    トウネン

    英名:Rufous-necked Stint

    学名:

    Calidris ruficollis

    特徴

    干潟や砂浜に多く飛来し、水田、河川、湖沼でも見られる。
    チュリと小声で鳴く。
    まれだが似ている鳥としてヘラシギはくちばしが横に広く、ヒメハマシギ、ヒメウズラシギは長めで先が下向き、ヨーロッパトウネンはわずかに短く下向き、オジロトウネンは足が黄色っぽい。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    9月、10月
    1-10%未満
    5月、7月、8月
  • ウミネコ
    出現率:1月 出現率:1%~10%未満 出現率:3月 出現率:1%~10%未満 出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:10%~50%未満 出現率:12月 出現率:1%~10%未満 ウミネコ

    ウミネコこのウインドウを閉じる

    ウミネコ
    ウミネコ

    英名:Black-tailed Gull

    学名:

    Larus crassirostris

    特徴

    全国の海岸でほぼ一年中見られる唯一のカモメ(北海道ではオオセグロカモメが一年中見られる)。
    黄色い足。黄色いくちばしの先に赤と黒の模様。
    褐色をしたカモメ類の若鳥の中では、本種が一番濃い色。
    ミャーオと鳴く。
    日本近海で繁殖するが、世界的には限られた分布。
    なお、カモメ類がとまっている時に、黒い翼の先を尾と見誤りやすい点、他のカモメの若鳥が褐色から白っぽくなる段階で尾に黒い帯が見えることがある点に注意する。

    出現エリア

    潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    6月、7月、8月、9月、10月、11月
    1-10%未満
    4月、5月、12月、1月、3月
  • オオセグロカモメ
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:10%~50%未満 出現率:3月 出現率:10%~50%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 出現率:11月 出現率:10%~50%未満 出現率:12月 出現率:10%~50%未満 オオセグロカモメ

    オオセグロカモメこのウインドウを閉じる

    オオセグロカモメ
    オオセグロカモメ

    英名:Slaty-backed Gull

    学名:

    Larus schistisagus

    特徴

    北海道や東北の一部で繁殖しており一年中見られるが、他では冬鳥として海岸に飛来。
    北日本に多く、西日本では少ない。
    背が濃い点でウミネコに似ているが、大きさ、足の色が違う。
    飛ぶと翼下面の風切羽の先が黒い帯となって見える(セグロカモメでは初列風切羽の先だけ黒く見える)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    4月、11月、12月、1月、2月、3月
    1-10%未満
    7月、10月
  • コアジサシ
    出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:50%~90%未満 コアジサシ

    コアジサシこのウインドウを閉じる

    コアジサシ
    コアジサシ

    英名:Little Tern

    学名:

    Sterna albifrons

    特徴

    本州以南の河川、湖沼、海に飛来し、普通に見られる。体はムクドリ大で、翼長くスマート。水面の上を飛びまわり、魚をみつけると頭から水面に飛び込んでとる。広い河原や砂浜で集団で繁殖する。キリッ、キリッと鋭い声で鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    5月、6月
    50-90%未満
    7月
    10-50%未満
    4月
    1-10%未満
  • トビ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:50%~90%未満 トビ

    トビこのウインドウを閉じる

    トビ
    トビ

    英名:Black Kite

    学名:

    Milvus migrans

    特徴

    九州以北の水辺から山地まで、もっとも普通に見られるタカ科の鳥。
    生きた動物を襲うことは少なく、魚や死んだ動物などを食べ、ゴミ捨て場にも集まる。
    群れをつくる、角尾(中央がへこんでみえるものもいる)、ゆっくりはばたく、色が濃い、ほかの鳥があまり恐れないことなどが、ほかのタカとの識別に役立つ。
    ピーヒョロロと鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    1月
    50-90%未満
    10月、11月、12月、2月、3月
    10-50%未満
    4月、8月、9月
    1-10%未満
    5月、6月、7月
  • オオタカ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:90%以上 オオタカ

    オオタカこのウインドウを閉じる

    オオタカ
    オオタカ

    英名:Northern Goshawk

    学名:

    Accipiter gentilis

    特徴

    本州以北の林で繁殖。繁殖期は山地に多いが、秋冬は低地でも全国的に見られる。
    小鳥からハト大の鳥や小動物を捕るが、冬は水辺で水鳥をねらうこともある。
    繁殖期にはキッキッキなどと鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    12月、1月
    50-90%未満
    11月、2月、3月
    10-50%未満
    4月、8月、9月、10月
    1-10%未満
    5月、6月、7月
  • ノスリ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 ノスリ

    ノスリこのウインドウを閉じる

    ノスリ
    ノスリ

    英名:Common Buzzard

    学名:

    Buteo buteo

    特徴

    山地の林で繁殖する。
    秋冬は暖地や低地にも移動し、草地や農耕地、水辺などの開けた環境で見る。
    トビより短い丸尾。
    飛翔時、翼の下面と腹の下面と腹の下部に黒っぽく見える部分がある。
    停飛をし、急降下をしてネズミなどを捕る。
    主に繁殖期にピーエーなどと鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    11月、12月、1月、2月
    50-90%未満
    10月、3月
    10-50%未満
    4月、5月、7月
    1-10%未満
    8月、9月
  • カワセミ
    出現率:1月 出現率:50%~90%未満 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:10%~50%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:10%~50%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:90%以上 カワセミ

    カワセミこのウインドウを閉じる

    カワセミ
    カワセミ

    英名:Common Kingfisher

    学名:

    Alcedo atthis

    特徴

    北日本では秋冬に暖地に移動。
    河川や湖沼の枝や岩などに止まっていて、水面に飛び込んで、魚をとったり水浴びもする(=ヤマセミ)。
    土の崖(がけ)の斜面に穴を掘って繁殖する。
    雄の下くちばしは赤い部分がない。
    チイーッと細く鋭く鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    12月
    50-90%未満
    9月、10月、11月、1月、2月
    10-50%未満
    4月、5月、6月、7月、8月、3月
    1-10%未満
  • コゲラ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:50%~90%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:90%以上 コゲラ

    コゲラこのウインドウを閉じる

    コゲラ
    コゲラ

    英名:Japanese Pygmy Woodpecker

    学名:

    Dendrocopos kizuki

    特徴

    太い木や古い木があれば、住宅地や公園でも見られるようになってきた。
    ギーという声の後にキッキッキッと続けて鳴くこともある。
    シジュウカラ科の群れの後に1~2羽でいることがある。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    6月、10月、12月、1月、3月
    50-90%未満
    4月、5月、9月、11月、2月
    10-50%未満
    7月
    1-10%未満
    8月
  • チョウゲンボウ
    出現率:1月 出現率:1%~10%未満 出現率:2月 出現率:1%~10%未満 出現率:3月 出現率:1%~10%未満 出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:10%~50%未満 出現率:12月 出現率:1%~10%未満 チョウゲンボウ

    チョウゲンボウこのウインドウを閉じる

    チョウゲンボウ

    英名:Common Kestrel

    学名:

    Falco tinnunculus

    特徴

    本州の崖、ビルや橋の隙間で繁殖し、冬は雪の少ない地域の河川、草地、農耕地などで見られる。
    停飛をよく行い、急降下してネズミ、小鳥、虫などを捕える。
    繁殖期にはキーキーなどと鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    10月、11月
    1-10%未満
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、12月、1月、2月、3月
  • モズ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 モズ

    モズこのウインドウを閉じる

    モズ
    モズ

    英名:Bull-headed Shrike

    学名:

    Lanius bucephalus

    特徴

    林の周辺、農耕地、河川敷などのやや開けた環境で繁殖。
    北海道や山地では、秋冬に暖地や低地に移動。
    キチキチと続けたり、ジュン、ジュンなどと鳴き、秋にはキーィキーィと甲高く鳴く。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    10月、11月、12月、1月、2月
    50-90%未満
    9月、3月
    10-50%未満
    4月、7月
    1-10%未満
    6月、8月
  • オナガ
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:1%~10%未満 出現率:3月 出現率:1%~10%未満 出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:10%~50%未満 オナガ

    オナガこのウインドウを閉じる

    オナガ
    オナガ

    英名:Azure-winged Magpie

    学名:

    Cyanopica cyanus

    特徴

    本州中部と北部の山地の林や人家付近で留鳥。
    群れで見られる。
    繁殖期も、数つがいが比較的近くに集まって巣をつくる。
    ゲーィとかゲーィキュキュキュと鳴き、春にはキュリリリ…などと甘い声も出す。
    幼鳥は尾が短く、頭に白い羽が混じる。
    アジア東部とイベリア半島に分布する。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    5月、9月、10月、11月
    10-50%未満
    6月、8月、12月、1月
    1-10%未満
    4月、7月、2月、3月
  • ハシボソガラス
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:1%~10%未満 出現率:3月 出現率:10%~50%未満 出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:10%~50%未満 出現率:12月 出現率:1%~10%未満 ハシボソガラス

    ハシボソガラスこのウインドウを閉じる

    ハシボソガラス
    ハシボソガラス

    英名:Carrion Crow

    学名:

    Corvus corone

    特徴

    九州以北。
    農耕地や河川敷のような開けた環境を好む。
    ハシブトガラスよりくちばしが細い。
    幼鳥は口の中が赤い(=ハシブトガラス)。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    5月
    10-50%未満
    4月、6月、7月、9月、10月、11月、1月、3月
    1-10%未満
    8月、12月、2月
  • ハシブトガラス
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 ハシブトガラス

    ハシブトガラスこのウインドウを閉じる

    ハシブトガラス
    ハシブトガラス

    英名:Large-billed Crow

    学名:

    Corvus macrorhynchos

    特徴

    アジアの森林に分布するカラスで山や林にすんでいるが、日本では人家の近くでも多い。
    ハシボソガラスよりやや大きく、額が出っぱって見える。
    南部琉球の亜種はやや小さい。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    10-50%未満
    1-10%未満
  • シジュウカラ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:50%~90%未満 出現率:8月 出現率:50%~90%未満 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 シジュウカラ

    シジュウカラこのウインドウを閉じる

    シジュウカラ
    シジュウカラ

    英名:Japanese Tit

    学名:

    Parus minor

    特徴

    市街地から山地まで。
    チッチーなどの細い声はシジュウカラ科に共通しているが、ジュクジュクと濁った声は独特。
    さえずり:細い声でツーピーやツツピーを繰り返す。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    7月、8月
    10-50%未満
    1-10%未満
  • ツバメ
    出現率:3月 出現率:10%~50%未満 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 ツバメ

    ツバメこのウインドウを閉じる

    ツバメ
    ツバメ

    英名:Barn Swallow

    学名:

    Hirundo rustica

    特徴

    主に九州以北に飛来(北海道では少数)。
    建造物に泥を材料にしたおわん型の巣をつくる。
    雄の尾は雌より細長い。
    チュピッなどと鳴く。
    さえずり:チュチュビチュチュビジクジクビーと最後が濁る。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月
    50-90%未満
    9月
    10-50%未満
    3月
    1-10%未満
    10月
  • イワツバメ
    出現率:3月 出現率:1%~10%未満 出現率:4月 出現率:50%~90%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:50%~90%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 イワツバメ

    イワツバメこのウインドウを閉じる

    イワツバメ
    イワツバメ

    英名:Asian House Martin

    学名:

    Delichon dasypus

    特徴

    九州以北の山地や市街地に飛来するが、九州では越冬するものもいる。
    観光地のホテル、町のビル、橋の下などに巣をつくり、集団で繁殖する。
    ジュルッ、チュビッなどと濁った声。
    さえずり:飛びながら、濁った声を交えて、複雑に早口で長く続ける。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    6月
    50-90%未満
    4月、5月、7月
    10-50%未満
    1-10%未満
    8月、9月、3月
  • ヒヨドリ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:50%~90%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 ヒヨドリ

    ヒヨドリこのウインドウを閉じる

    ヒヨドリ
    ヒヨドリ

    英名:Brown-eared Bulbul

    学名:

    Hypsipetes amaurotis

    特徴

    市街地から山地の林。
    秋に南西方向に移動する群れが見られる。
    目の下後方は茶色。
    興奮すると頭の羽毛を逆立てる。
    ピーヨロイロピなどと鳴くこともある。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    6月、9月
    10-50%未満
    7月、8月
    1-10%未満
  • メジロ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:50%~90%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:50%~90%未満 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 メジロ

    メジロこのウインドウを閉じる

    メジロ
    メジロ

    英名:Japanese White-eye

    学名:

    Zosterops japonicus

    特徴

    常緑広葉樹林を好み、北海道や山地では秋冬に暖地や低地に移動。
    チィーとシジュウカラ科より甘い感じの声。
    さえずり:長く複雑。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    6月、9月、10月
    10-50%未満
    7月、8月
    1-10%未満
  • オオヨシキリ
    出現率:4月 出現率:10%~50%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:50%~90%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:10%~50%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 オオヨシキリ

    オオヨシキリこのウインドウを閉じる

    オオヨシキリ
    オオヨシキリ

    英名:Oriental Reed Warbler

    学名:

    Acrocephalus orientalis

    特徴

    ヨシ原に飛来する。北海道では南部のみで少ない。
    さえずり:ギョシギョシ、ケケチケケチなど早口の大声で、長く続け、夜も鳴く。
    同じ夏鳥のコヨシキリは北海道に多く飛来し、ヨシ原以外の乾燥した草地にもすむスズメより小さい鳥。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    5月、6月
    10-50%未満
    4月、7月、8月、9月
    1-10%未満
    10月
  • ムクドリ
    出現率:1月 出現率:50%~90%未満 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:50%~90%未満 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:50%~90%未満 出現率:12月 出現率:90%以上 ムクドリ

    ムクドリこのウインドウを閉じる

    ムクドリ
    ムクドリ

    英名:White-cheeked Starling

    学名:

    Spodiopsar cineraceus

    特徴

    九州以北の農耕地、芝生など開けた環境に群れる(北海道では主に夏鳥)。
    飛ぶと腰の白が目立つ。
    キュルキュル、ジェー、ツィッなどとさまざまな声を出す。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、10月、12月
    50-90%未満
    9月、11月、1月、2月、3月
    10-50%未満
    1-10%未満
  • コムクドリ
    出現率:4月 出現率:1%~10%未満 出現率:5月 出現率:1%~10%未満 出現率:6月 出現率:1%~10%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 コムクドリ

    コムクドリこのウインドウを閉じる

    コムクドリ
    コムクドリ

    英名:Chestnut-cheeked Starling

    学名:

    Agropsar philippensis

    特徴

    本州中部以北の山地(東北、北海道では低地にも)の明るい林に飛来。
    春、秋にはそれ以南の地域も通過し、ムクドリの群れに混じることもある。
    ギュル、キュッ、ジェーなどとムクドリに似た声や、ギュルギュルピッピなどとムクドリより高い声を出す。
    繁殖地は日本近辺のみ。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    7月、9月
    1-10%未満
    4月、5月、6月、8月、10月
  • スズメ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:50%~90%未満 出現率:4月 出現率:90%以上 出現率:5月 出現率:90%以上 出現率:6月 出現率:90%以上 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 スズメ

    スズメこのウインドウを閉じる

    スズメ
    スズメ

    英名:Eurasian Tree Sparrow

    学名:

    Passer montanus

    特徴

    歩く時は両足を揃(そろ)えて跳ねる。
    チュン、ジジなどさまざまな声を出す。
    ヨーロッパで人家付近にいるのはイエスズメ(雄はスズメに似て額が灰色。近年日本でも発見された)で、スズメは郊外にいる。
    留鳥といわれるが、その年に生まれた鳥は秋に移動すると思われる。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月
    50-90%未満
    2月、3月
    10-50%未満
    1-10%未満
  • キセキレイ
    出現率:7月 出現率:1%~10%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:1%~10%未満 出現率:10月 出現率:1%~10%未満 出現率:11月 出現率:1%~10%未満 出現率:12月 出現率:1%~10%未満 キセキレイ

    キセキレイこのウインドウを閉じる

    キセキレイ
    キセキレイ

    英名:Grey Wagtail

    学名:

    Motacilla cinerea

    特徴

    屋久島以北の川や池沿いの地上にすみ、秋冬には南下するものもいる。
    チチン、チチンと鳴く。
    さえずり:チチチチッと細く鋭い声。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    10-50%未満
    1-10%未満
    7月、8月、9月、10月、11月、12月
  • ハクセキレイ
    出現率:1月 出現率:90%以上 出現率:2月 出現率:90%以上 出現率:3月 出現率:90%以上 出現率:4月 出現率:50%~90%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:50%~90%未満 出現率:7月 出現率:90%以上 出現率:8月 出現率:90%以上 出現率:9月 出現率:90%以上 出現率:10月 出現率:90%以上 出現率:11月 出現率:90%以上 出現率:12月 出現率:90%以上 ハクセキレイ

    ハクセキレイこのウインドウを閉じる

    ハクセキレイ
    ハクセキレイ

    英名:White Wagtail

    学名:

    Motacilla alba

    特徴

    広い河川、農耕地、市街地の空き地など開けた環境を好む。
    春夏は北日本に、秋冬は積雪のない地域に多い。
    チュチュン、チュチュンと鳴く(×セグロセキレイ)。
    雌は雄よりも黒味が乏しい。
    雄も冬羽の上面は淡くなる。
    西日本には過眼線がない亜種がいる。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月
    50-90%未満
    4月、5月、6月
    10-50%未満
    1-10%未満
  • カワラヒワ
    出現率:1月 出現率:10%~50%未満 出現率:2月 出現率:50%~90%未満 出現率:3月 出現率:10%~50%未満 出現率:4月 出現率:50%~90%未満 出現率:5月 出現率:50%~90%未満 出現率:6月 出現率:10%~50%未満 出現率:7月 出現率:10%~50%未満 出現率:8月 出現率:1%~10%未満 出現率:9月 出現率:10%~50%未満 出現率:10月 出現率:10%~50%未満 出現率:11月 出現率:10%~50%未満 出現率:12月 出現率:10%~50%未満 カワラヒワ

    カワラヒワこのウインドウを閉じる

    カワラヒワ
    カワラヒワ

    英名:Oriental Greenfinch

    学名:

    Chloris sinica

    特徴

    九州以北。
    林、草地、農耕地、河原に普通。
    市街地では、空き地でタンポポなどの種子を食べる。
    樹上に細い草をつづった小さなおわん形の巣をつくる。
    黄斑が飛ぶと目立つ。
    M尾。
    高い声でキリリリと鳴く。
    さえずり:ビィーンと濁った声も出す。

    出現エリア

    自然生態圏 潮入りの池 東淡水池 前浜干潟 

    出現率

    90%以上
    50-90%未満
    4月、5月、2月
    10-50%未満
    6月、7月、9月、10月、11月、12月、1月、3月
    1-10%未満
    8月

当ページの画像は(公財)日本野鳥の会レンジャーが撮影したものであり、無断転載・無断使用を固く禁じます。