ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

東京シーサイド
お台場エリア周辺の公園オフィシャルサイト

海上公園ガイド

English
中文(繁体)
中文(簡体)
한국어
日本語

お台場海浜公園 & 台場公園

1. ビュースポット

とにかくお台場海浜公園&台場公園から見る景色は、ホントに最高!!レインボーブリッジ・東京タワー・自由の女神のパノラマが目の中に飛び込んできて、その景色はあまりにも迫力があり、なのに優雅で、心癒され、ここはまるで夢の世界。

1-a.マリンハウスから見える景色

昼の顔
夕方の顔
夜の顔

※レインボーブリッジのライトアップには夏パターン(4月~10月)と冬パターン(11月~3月)があります。

レインボーブリッジ・ライトアップ(首都高速道路㈱公式サイト)別ウィンドウで開きます

1-b.自由の女神・スカイウォーク(空中回廊)

自由の女神 豆知識
 「日本におけるフランス年」を記念したブロンズのレプリカ像です。平成10年4月から約1年間お台場海浜公園に来ていたパリ市にある自由の女神像から型を取って造られました。像の高さは約11m、重さは約9tで、2000年12月に設置されました。

 

1-c.展望デッキ

 レインボーブリッジ、東京タワー、自由の女神、高層ビル群、品川台場や旧防波堤が一望できます。この場所は、ヘブンアーティスト会場「お台場展望デッキ」として登録されています。

展望デッキの眺望をGoogle Street Viewで見る別ウィンドウで開きますヘブンアーティストの活動の場所と予定

2. おだいばビーチ

おだいばビーチは、東京都心にある延長約800mの人工の砂浜です。砂浜は伊豆諸島の神津島の砂を使用しています。水際で楽しめるよう、マリンハウスには時間貸しのシャワーとロッカーもあります(遊泳は禁止です)。春から秋にかけて様々なイベントが開催され、多くの人々で賑わいます。さらに、ビーチスポーツができるエリアを設置して愛好家が楽しめる機会を設けています。砂浜から眺めるレインボーブリッジと周囲の高層ビル群の景観はとても美しく訪れる人々を魅了します。

また、お台場海浜公園では、東京都による水環境調査を行っておりますので、詳細は以下をご覧ください。

水環境調査結果
①水浴用水質調査結果     ②採水地点    ③水質判定基準

3. お台場でマリンスポーツ

お台場海浜公園のレクリエーション水域では、簡単な利用登録によりマリンスポーツを楽しむことができます。
水域のすぐ近くにあるマリンハウスでは、用具のレンタル、時間貸しのシャワーやロッカーもあります。
この機会にお台場でマリンスポーツを初めてみてはいかがでしょうか。

4. 釣り・磯遊びスポット

自然環境の再生のために設けられている区域、人工砂浜、橋梁、立入禁止区域等を除き、海釣りや磯遊びが楽しめます。
美しい景観を眺めながら楽しむ釣りは、例え魚が釣れなくても後悔なし!!

5. ランニング※潮風公園内に規制区間あり

お台場海浜公園には、ランニングコースがあり、週末には、多くのランナーが景観を楽しみながら気持ちよさそうに走っています。潮風公園に続くコース、隣接のシンボルプロムナード公園にもコースを設けています。心も体もリフレッシュするために、お台場で走ってみませんか・・・

6. 台場の史跡

国指定史跡である第三台場を「台場公園」として開放しています。海岸沿いの高台には、砲台跡、園内中央には、陣屋跡や火薬庫跡、かまど跡があり歴史を感じることができます。

2017年4月には、隣接する第六台場とともに「品川台場」として、続日本100名城別ウィンドウで開きます(公益財団法人日本城郭協会)に選定されました。日本城郭協会が実施するスタンプラリー別ウィンドウで開きますの公式スタンプを、お台場海浜公園内のマリンハウスに設置しています。

また、東京文化財ウィーク2021~東京の歴史を訪ねて~別ウィンドウで開きます(主催:東京都教育委員会 後援:文化庁)の通年公開事業に参加しています。
この事業では、記念のポストカードを無償で配布しています。

※①~④の画像を選択するとGoogle Street View(360度画像)が開きます。

①陣屋跡
②火薬庫跡
③かまど跡
④砲台跡
台場公園の全景

レインボーブリッジ遊歩道からの眺望(360度画像)

【続日本100名城スタンプラリー】品川台場の公式スタンプの利用について

スタンプラリーは、文化遺産である城郭や伝統文化への理解を多くの人に深めて欲しいとの趣旨で、公益財団法人日本城郭協会が企画しているイベントです。公式スタンプはお台場海浜公園内のマリンハウスに設置しています。

下記の表は横スクロールでご覧いただけます。

設置施設 お台場海浜公園
マリンハウス
設置場所 公園インフォメーションセンター
利用時間 4月~9月(AM9:00~PM7:00)
10月~3月(AM9:00~PM6:00)
12月29日~1月3日(AM9:00~PM4:00)
アクセス 地図別ウィンドウで開きます
公式サイト 公益財団法人日本城郭協会
日本100名城・続日本100名城スタンプラリー別ウィンドウで開きます

7. マリンハウス

施設案内

1階
公園インフォメーションセンター
売店・軽食「エフカイビーチ」
温水シャワー(男性6室・女性4室)
貸しロッカー(男性12個・女性12個)
2階
レストラン「タールムビアンコ」
レストラン「ブルーテーブル」
3階
展望広場
4階
商業施設(デックス東京)連絡通路の出入口
〇1階(平面図)
〇2階(平面図)
〇3階(平面図)
〇4階(平面図)

※3・4階の階段通路の壁面にて「台場史跡パネル展」及び「レインボーブリッジ写真展」を実施しています。

台場の歴史(公園として残る国指定の史跡)

飲食店のご紹介

1階 エフカイビーチ(売店・軽食)別ウィンドウで開きます
おすすめメニュー
ソフトクリーム ¥250
かき氷 ¥300
チュロス ¥250
ソフトドリンク各種 ¥200
ビール ¥350
2階 タールムビアンコ(イタリアンレストラン)26席
おすすめメニュー
カルパッチョ ¥960
渡り蟹のトマトクリームパスタ ¥1,890
チーズリゾット ¥1,440
生ウニのクリームパスタ ¥1,240
スモークチキン ¥670
2階 ブルーテーブル(ハワイアンレストラン)38席別ウィンドウで開きます
おすすめメニュー
唐揚げ定食 ¥1,000(税込)
フレッシュアボガドとまぐろのロコモコ ¥1,890(税込)
※ランチメニューはサラダ、ドリンク付き
「豚の角煮」 ¥800(税抜)
生ハムのサラダ ¥1,000(税抜)
パンケーキ ¥900(税抜)

8. 海上バス乗り場

船に乗ってのんびりと東京を巡る旅はいかがですか?船から東京を眺めると見慣れた風景がとても新鮮に感じます。

お台場海浜公園からは、東京水辺ラインの「浅草・お台場クルーズ」、東京都観光汽船の「日の出桟橋・お台場ライン」「浅草・お台場直通ライン」「豊洲・お台場ライン」が運行しています。

最新の運航状況は、各社の公式サイトにてご確認ください。

運航者公式サイト
東京水辺ライン(公益財団法人 東京都公園協会)別ウィンドウで開きます
東京都観光汽船株式会社別ウィンドウで開きます

9. 海上バス(船客)待合所・公園管理事務所※売店・軽食店は4/15~再開

施設案内

1階 乗船券売所、海上バス待合所、売店・軽食、外貨両替機
2階 お台場海浜公園管理事務所(1階に授乳室あります)

海上バス待合所
授乳室
海上バス待合所(出入口)
外貨両替機(本体)

※外貨両替機営業時間:(日)~(水)9:00~20:30 / (木)~(土)9:00~22:30

海上バス待合所内では、台場公園の歴史紹介パネル展示を行っています。

台場の歴史(公園として残る国指定の史跡)

飲食店のご紹介

1階 ソラリス(売店・軽食)13席※4/15~再開(当面は変則営業です)
おすすめメニュー
ホットドック ¥600
各種ピザ ¥1,000〜
フランクフルト ¥450
かき氷(イチゴ、メロン、レモン等) ¥350
ソフトクリーム ¥350
各種ビール ¥600
榮太楼 羊羹 ¥600

10.水陸両用バス

お台場の街から海へダイブ!

現在2社が運行しております。
レインボーブリッジや商業施設が立ち並ぶお台場エリアを陸からも海からも一度に楽しめます。

最新の運行状況は、各社の公式サイトにてご確認ください。

下記の表は横スクロールでご覧いただけます。

TOKYO NO KABA SKY DUCK
(スカイダック台場 お台場パノラマコース)
運航会社 株式会社フジエクスプレス 日の丸自動車興業株式会社
発着場所 アクアシティお台場 東京テレポート駅(りんかい線)
運行開始日 2017(平成29)年11月27日 2017(平成29)年11月17日
公式サイト TOKYO NO KABA公式サイト別ウィンドウで開きます SKY Duck公式サイト別ウィンドウで開きます

※レインボーブリッジ

レインボーブリッジは二重構造の複合交通施設の吊り橋で、下層は遊歩道、臨港道路、新交通ゆりかもめの軌道が走り、上層は首都高速11号台場線が通っています。

管理者公式サイト
東京都港湾局(遊歩道ほか)別ウィンドウで開きます
首都高速道路㈱(ライトアップほか)別ウィンドウで開きます

※ お台場海浜公園周辺観光情報

潮風公園が位置する臨海副都心エリアには多彩な観光施設であふれています。
当公園にお越しいただいた際はぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
当公園周辺の詳しい観光情報は「お台場.net」よりご確認下さい。