大井コンテナ埠頭

大井コンテナ埠頭は、全長2,354m、連続7バースの大水深岸壁を有するなど、世界有数の規模を擁し、東京港のコンテナ埠頭の中核を担っています。
船舶の大型化や増大する貨物量に対応するため、2003年度(平成15年度)に、耐震強化岸壁3バースを含む高規格ターミナルに再整備しました。
ターミナルは7バース全体で20基のコンテナクレーンを備え、10,000TEU級の大型コンテナ船が着岸しています。
また、最新のヤードオペレーションシステムやゲートシステムの導入及びコンテナ立体格納庫の整備により、ターミナル荷役の大幅な効率化が図られています。

▲世界有数の規模を誇るコンテナ埠頭

昼間の荷役作業

▲荷役作業

コンテナ立体格納庫
コンテナ立体格納庫(PDF/867KB)

大井コンテナ埠頭平面図

大井コンテナ埠頭施設一覧

バース(船席名) 第1号(O1) 第2号(O2) 第3号(O3) 第4号(O4) 第5号(O5) 第6号(O6) 第7号(O7)
借受者 川崎汽船㈱ ㈱商船三井 ワンハイラインズ 日本郵船㈱
ターミナルオペレーター ㈱ダイトーコーポレーション ㈱宇徳 東海運㈱ ㈱ユニエックスNCT
主な運航船社

ONE・陽明海運
新海豊集装箱運輸有限公司・
寧波遠洋運輸有限公司・

ハパックロイド

ONE・APL・現代商船
Maersk・OOCL・MccTransport・

ハパックロイド・陽明海運・MSC

ワンハイラインズ・ONE
インターエイシアライン
中外運集装箱運輸有限公司

ONE・ハバックロイド・OOCL・

徳翔海運・現代商船

総面積 127,700m2 131,800m2 143,500m2 133,650m2 133,650m2 133,650m2 141,750m2
岸壁延長 330m 330m 354m 330m 330m 330m 350m
水深 -15m (計画水深-15m~-16m)
コンテナクレーン 1基(16列対応)
4基(20列対応)
3基(18列対応)
3基(21列対応)
3基(18列対応) 4基(17列対応)
2基(21列対応)
ドライコンテナ蔵置能力 9,000TEU 6,960TEU 11,050TEU 6,728TEU 11,160TEU 9,930TEU 6,894TEU
リーファーコンテナ電源
プラグ口数
0 750口 393口 775口 288口 612口 654口
トランスファークレーン 20基 24基 8基 20基
供用開始 2004(平成16)年
1月
1999(平成11)年
11月
1999(平成11)年
4月
2001(平成13)年
10月
2003(平成15)年
3月
2000(平成12)年
9月
1998(平成10)年
10月

大井コンテナ埠頭の船舶係留予定

大井コンテナ埠頭の船舶係留予定(係船施設使用希望状況)を期間を指定して検索することができます。

東京都港湾局東京港管理事務所が運営する東京港港湾情報システムにリンクします。
※バースコード: 第1号(OB01C)/第2号(OC02C)/第3号(OD03C)/第4号(OE04C)/第5号(OF05C)/第6号(OG06C)/第7号(OH07C)

ページの先頭へ戻る