中央防波堤外側コンテナ埠頭

中央防波堤外側コンテナ埠頭は、東京港で最も新しいコンテナ埠頭です。

コンテナ埠頭の機能強化を図り、東京港の混雑を解消させることを目的として整備がすすめられ、中央防波堤外側外貿コンテナターミナルY1は平成29年11月、中央防波堤外側外貿コンテナターミナルY2は令和2年3月にオープンしました。

ガントリークレーンの色彩は、港湾景観の主役として際立ち、東京の玄関口として東京港を印象付けるとともに、作業上の安全性や視認性にも配慮し、青色・白色の組合せとしました。

中防外CT▲中央防波堤外側コンテナ埠頭

中防外CT▲中央防波堤外側コンテナ埠頭

中防外CT▲Y1コンテナターミナル

中防外CT▲Y2コンテナターミナル

中央防波堤外側コンテナ埠頭平面図

中央防波堤外側コンテナ埠頭施設一覧

バース(船席名) Y1 Y2
借受者 ㈱上組 


三井倉庫㈱、日本通運㈱、㈱住友倉庫、山九㈱

ターミナルオペレーター ㈱上組
主な運航船社 中遠海運集装箱運輸有限公司 新海豊集装箱運輸有限公司、
中国遠洋海運集団有限公司、
太倉港集装海運有限公司、MSC
総面積 129,319㎡ 203,226㎡
岸壁延長 230m 400m
水深 -11m (計画水深-11m) -16m (計画水深-16m)
コンテナクレーン 3基(16列対応) 3基(22列対応)
ドライコンテナ蔵置能力 4,200TEU 11,310TEU
リーファーコンテナ電源
プラグ口数
360口 552口
トランスファークレーン 7基 15基
供用開始 2017(平成29)年11月 2020(令和2)年3月

中央防波堤外側埠頭の船舶係留予定

中央防波堤外側埠頭の船舶係留予定(係船施設使用希望状況)を期間を指定して検索することができます。
東京都港湾局東京港管理事務所が運営する東京港港湾情報システムにリンクします。
※バースコード: Y1バース(YA01C)/Y2バース(YB02C)

ページの先頭へ戻る