客船ターミナルの管理・運営

 

東京国際クルーズターミナル

東京国際クルーズターミナルは、超大型客船も寄港できる東京港の新たな玄関口として、2020年(令和2年)に新規オープンします。
ターミナルビルの外観は、海の波と帆掛船の帆、そして日本の伝統建築の寺社仏閣の反り屋根の3つのイメージを組み合わせた屋根が大きな特徴となっており、内観は木質調で落ち着きのある斬新な空間デザインが施されております。
ターミナルビルは、客船のタイプ・規模に合わせたスムーズな観光客の乗降を可能とし、客船が寄港しない時は、多目的ホールとして音楽コンサートや各種展示会として利用できます。
当社はパートナー企業と連携し、このターミナルオープンによる臨海副都心の新たなランドマーク誕生とともに、多彩な魅力を演出・発信する「国際観光都市・東京」の実現を目指し、管理運営に取り組んでまいります。
当社は、このターミナルの適切な管理・運営を実施しています。

■ 「東京国際クルーズターミナル」紹介ページ

  ・ トップページ

東京国際クルーズターミナル東京国際クルーズターミナル

晴海客船ターミナル

晴海客船ターミナルは、国内外のクルーズ客船が接岸する東京の海の玄関として、1991(平成3)年に誕生しました。船旅を楽しむ人々だけでなく、多くの皆様が港の景色を楽しむ場として利用されています。また、多目的ホールや展望台なども設置されています。
当社は、このターミナルの適切な管理・運営を実施しています。

■ 「晴海客船ターミナル」紹介ページ

  ・ トップページ

  ・ クルーズ客船入港情報

  ・ 「晴海埠頭」行き都営バス乗り場案内図 (PDF/210KB)

晴海客船ターミナル

竹芝客船ターミナル

竹芝客船ターミナルは、伊豆・小笠原諸島への玄関口として、また、レストラン船などの発着場としても利用されています。竹芝埠頭再開事業によりオフィスビル、ホテル、レストランなどが海上公園と一体的に整備され、多くの皆様が海の景観を楽しみながら散策や食事などができる親水空間として賑っています。

■ 「竹芝客船ターミナル」紹介ページ

  ・ トップページ

  ・ [お知らせ] 竹芝・有明・日の出船着場の開放について

竹芝客船ターミナル

有明客船ターミナル

有明客船ターミナルは、海上バスの発着場として、平成8年4月にオープンしました。わが国最大の総合コンベンション施設である東京ビッグサイトに隣接し、都心と臨海地域とのアクセスをサポートしています。

■ 「有明船ターミナル」紹介ページ

  ・ トップページ

  ・ [お知らせ] 竹芝・有明・日の出船着場の開放について

有明・青海客船ターミナル

青海客船ターミナル

青海客船ターミナルは、1996(平成8)年4月にオープンしました。
近隣には、船の科学館、TOKYOミナトリエ、日本科学未来館や大江戸温泉物語などの施設があります。

■ 「青海客船ターミナル」紹介ページ

  ・ トップページ

有明・青海客船ターミナル

ページの先頭へ戻る