公園の四季 フォトライブラリー

公園の冬支度

雪吊り

「雪吊り」は、積雪による枝折れや樹形の崩れなどを防止するための手法で、北陸地方などの豪雪地帯に多く見られます。
東京を中心とした関東一円の雪吊り手法は、鑑賞を目的とした修景物として用いられています。
最近はあまり見られませんが、お台場海浜公園では毎年行っており、お台場の冬の風物詩となっています。
多くのお客様の目に留まるようライトアップするなど趣向を凝らしています。

お台場海浜公園 雪吊り

お台場海浜公園 雪吊りライトアップ

門松

「門松」は新しい年を迎えるにあたり、新年の神様を招くという風習で飾られるものです。
毎年、公園スタッフが作成した「門松」をゆりかもめ「新橋駅」や「有明テニスの森公園駅」などに飾っております。
また、年末には門松づくりを体験して頂き、ご自宅でも飾れるようにと、潮風公園で「門松づくり教室」を開催しています。

お台場海浜公園 雪吊り

新橋駅に設置した門松

お台場海浜公園 雪吊りライトアップ

門松づくり教室

門松制作手順

一般的な門松の製作をその手順をご紹介します。

1.藁すき

東京港野鳥公園の稲田で発生した藁を再利用し、良質な藁を選別します。

2.台座の化粧

台座は公園で不要になったゴミ箱を再利用し、藁をその周りに均一に巻きます。笠の部分を編み込んで化粧をし、座の裾にも藁を巻きます。

写真

3.竹の鉈切りと組締

竹を用意し、節を絡め、「笑い口」に切ります。全体のバランスを整えて、結束します。台座が仕上がったら、台座の中心に据えます。

写真

4.飾り結び

 台座の裾部分に飾り結びをして全体を引き締めます。正面には縁起物の梅の花を荒縄であしらえます。

写真

5.松による化粧

公園にある松を剪定したときに発生した枝を選別して、使用しています。門松では対で1組になるので、バランスを考えて化粧をします。

ページの先頭へ戻る