ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

東京シーサイド
お台場エリア周辺の公園オフィシャルサイト

海上公園ガイド

English
中文(繁体)
中文(簡体)
한국어
日本語

東京港野鳥公園

お知らせ

掲載日:令和2年9月7日(木)

【東京港野鳥公園】「老人週間」の無料公開中止について

今年度は「老人週間」(9月15日~9月21日)の無料公開は行いません。
例年、高齢者の方を対象に、老人週間中、無料公開を実施しておりますが、今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、無料公開を行わないことといたしましたので、お知らせいたします。

お知らせ

掲載日:令和2年9月7日(月)

東・西保護区及び前浜干潟への立ち入りについて(2020年9月)

イベントや管理作業等を行うため、東・西保護区及び前浜干潟に立ち入りをさせていただきます。
ご理解ご協力の程宜しくお願いいたします。

お知らせ

掲載日:令和2年7月27日(月)

「東京版新型コロナ見守りサービス」登録のお願い

「東京版新型コロナ見守りサービス」を導入しましたので、登録をお願いいたします。

お知らせ

東京港野鳥公園 年間パスポート有効期限の延長に関するお知らせ(令和2年5月28日更新)

年間パスポートの有効期限に臨時休園期間分を加算いたします。

お知らせ

掲載日:令和2年1月28日(火)

東京港野鳥公園における一部施設の閉鎖について【2020年1月28日更新】

台風19号の影響により閉鎖をしている前浜干潟観察デッキは、引き続き閉鎖をさせていただきます。

公園案内

東京港野鳥公園がある場所は昔は浅い海でしたが、1960年代に埋立てられました。 その後、自然に出来た池や草原に野鳥が集まるようになり、地域の人たちは蘇った自然を守る運動を始めました。 その結果、東京都はここに公園を作ることを決めました。
東京港に面した公園内には、海とつながった潮入りの池やヨシ原、淡水池、小川、森林など多様な環境で構成されています。毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、年間120種類前後、開園以来232種類の野鳥が観察されています。野鳥のほか、水辺の生物、カニをはじめとする干潟の生物、草地や林にすむ虫などの観察にも適した場所です。
芝生広場やネイチャーセンターにはベンチとテーブルがあり、自然観察を楽しみながら、ゆっくり休憩ができるようになっています。また、土曜・日曜を中心に、さまざまなイベントを実施しています。

公園情報

開園年月日
1978年4月1日(昭和53年)
開園面積
360,208.59m2(うち水域 118,544.35m2)
所在地
東京都大田区東海3-1

お問い合わせ

東京港野鳥公園管理事務所

住所
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
電話
03-3799-5031
FAX
03-3799-5032
メール
yachokouen@wbsj.org

指定管理者:東京港野鳥公園グループ(代表企業:東京港埠頭株式会社/構成員:公益財団法人 日本野鳥の会)

※バリアフリー情報等ご不明な点がございましたら、上記お問い合わせ先へご連絡ください。