ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

東京シーサイド
お台場エリア周辺の公園オフィシャルサイト

海上公園ガイド

English
中文(繁体)
中文(簡体)
한국어
日本語

お台場海浜公園 & 台場公園

台場の歴史(公園として残る国指定の史跡)

ペリー率いる米国艦隊に対抗するため、江戸幕府は6つの台場(砲台)を築造しました。現在に至る過程で第三台場と第六台場が残され、第三台場は公園に、第六台場は自然豊かで学術的にも貴重な史跡として海上に保全されています。過去と現在が共存する公園に足を運んでみてはいかがでしょう。
お台場海浜公園内にあるマリンハウスでは、台場公園の写真を「史跡パネル展」として展示しています。

東京港品川台場の歴史

東京港品川台場過去の台場位置図

沿革

1853年(嘉永6年)6月
ペリーが浦賀に来航
1853年(嘉永6年)7月
江川太郎左衛門英龍が品川沖に11基の台場を設計
1853年(嘉永6年)8月
第一から第三台場の建設開始
1854年(嘉永7年)1月
ペリーが軍艦7隻を率いて再び浦賀に来航
1854年(嘉永7年)4月
第一から第三台場完成
1854年(嘉永7年)5月
幕府、第四・七台場の建設を中止(両方とも未完成)
1854年(嘉永7年)12月
第五・六台場完成
1926年(大正15年)10月
第三・六台場が国史跡に指定
1928年(昭和3年)7月
第三台場が都市公園「台場公園」として開園
1939年(昭和14年)6月
第四台場埋め立て完了
1961年(昭和36年)12月
第二台場撤去工事完了
1962年(昭和37年)9月
第五台場品川埠頭内に埋没
1963年(昭和38年)3月
第一台場品川埠頭内に埋没
1965年(昭和3年)3月
第七台場撤去完了

台場建築の経緯

1853年(嘉永6年)6月。アメリカ第13代大統領フィルモア(1800〜1874年)の親書を持って、東インド艦隊司令長官ペリーが、開国の要求を目的に浦賀に来航しました。

この事件を機に、江戸幕府は海防強化の必要性を痛感しました。
そこで、以前から海防について上申していた江川太郎左衛門を海防の庁議に参席させ、三浦半島と房総半島の海岸一帯調査を命じました。
翌月7月に江川太郎左衛門は江戸湾の防備として、以下の2点について復命書を提出しました。

  1. 観音崎と富津に台場を建設する
  2. 品川沖の内海に台場を建設する

しかし当時の江戸幕府は、前年5月に江戸城西の丸が焼失、当年6月には第12代将軍の徳川家慶が逝去するなど、財政が極度に苦しい状況でした。
そのため、「1.観音崎と富津に台場を建設する」ことは困難とし「2.品川沖の内海に台場を建設する」こととし、江戸市街部を直接防衛する方法を選択しました。

当初の品川台場の建築案は、南品川の漁師町から東北の深川洲崎(現在の江東区東陽)にかけて、連珠のように並べる計画で、列は2列とし、海上に11基、漁師町の海岸に1基の合計12基を築造するというものでした。
しかし、財政難などの理由で第一・二・三・五・六台場のみ建設され、第四・七台場は途中で建設中止、残りの台場については未着手のまま計画中止となりました。

台場の資材調達と輸送

品川台場の資材は、大別すると木材、石材、埋立土となります。
これらの調達とその輸送について紹介します。

(1)木材
品川台場の築造にあたっては、大量の松・杉丸太・松薪が必要とされました。
伐採場所とは、下総国(千葉県)旧根戸村(現在の我孫子市と柏市の一部)の御林(おはやし)から河岸に運ばれ、ここから船に積み替えられ、江戸まで運ばれました。
また、鑓水村(やりみずむら)(現八王子市)からも松丸太を運びだしました。
この村には、御殿山(ごてんやま)と呼ばれている広大な御林があり、ここから松丸太を9,930本運ぶ予定でしたが、計画中止になったこともあり結果的に運び出されたのは4,924本にとどまりました。

(2)石材
幕府は伊豆・相模・駿河の3国に石材の調達を命じ、石材の切出し、運送に石工をおよそ1,000人を動員し、翌安政元年(1854)の冬に完了しました。
品川台場の石材調達に大きな役割を果たした神奈川県真鶴町には、現在「品川台場礎石乃碑」(しながわだいばそせきのひ)があります。
これは、第2台場が撤去された後の昭和40年に、撤去した石垣の一部を移してできたものです。

(3)埋立土
台場という人工の島を海中に築造するために、木材・石材とともに多量の土が必要となりました。
埋立土を持ち出した場所としては、現在の品川区にあった御殿山、続いて高輪 泉岳寺境内などになります。
台場建設は、それでも足りずに、隅田川の浚渫土(しゅんせつど)も使用し、当時においては、未曾有の大工事でありました。

品川台場の地理的環境

東京港は、もともと天然の遠浅の海であったため、大型船が乗り入れる航路は千葉県側が最も水深が深くなっていますが、品川台場が築かれた周辺は江戸に入るための重要な航路だったため、建設地として選ばれました。
千葉県側には、全く気を配らなかったわけではなく、千葉県側から侵入された場合を想定して台場は千葉県側に傾けられ、築造されています。

史跡パネル展

お台場海浜公園内のマリンハウス(3階から4階)に、台場公園の史跡やお台場海浜公園の風景を写真パネルで紹介しています。
お台場海浜公園にお立ち寄りの際は、是非ご覧ください。

お問い合わせ先
お台場海浜公園管理事務所
電話:03-5531-0852