【申込受付終了】東京2020大会に向けた城南島ストックヤード実証実験参加事業者募集について

【申込受付終了】東京2020大会に向けた城南島ストックヤード実証実験参加事業者募集について

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催時には、臨海部の主要道路などで大会関係車両の輻湊による交通混雑

 

が発生することが懸念されています。

 

 これまで実施してきたTSY(東京港ストックヤード)での取組は、東京港のコンテナターミナルにおいて貨物の引き取り車両が

 

集中するピークタイム(午後2時~午後4時30分)を午前中などの空いている時間帯に分散化することを目的として実施して

 

きました。

 

 東京2020大会開催時においては、24時間利用可能な貨物の一時保管場所(ストックヤード)を城南島・青海・中防外に計3

 

ヶ所増設し、運用ルールも一時的に変更する予定です。

 

 そこで、今年度は城南島地区で新たな運用ルール等を検証するための実証実験を実施します。

 

 概要は以下の通りです。

 

【実証実験名称】

 

東京2020大会に向けた城南島ストックヤード実証実験

募集要項はこちら

 

【実施期間】

 

令和元年8月19日(月)から同月30日(金)まで(期間中連続してご使用いただけます。)

 

※利用開始時間:8月19日(月)午前6時から入庫可能

 

※利用終了時間:翌8月31日(土)午前6時完全出庫

 

【募集期間】

 

令和元年6月24日(月)から7月19日(金)17時まで  ※募集は終了しました。

 

【利用時間】

 

24時間利用可能

   

【設置場所】

 

東京都大田区城南島六丁目15番

 

【募集区画】

 

84区画(うち1割程度をラウンドユース枠(注)として設定)

 

※1区画につき、最大3台まで駐車可能。

 

※1社あたりの申込区画数に上限はありません。ただし、申込多数の場合は抽選などを行う場合があります。

 

(注)ラウンドユース枠:輸入に用いた後の空コンテナを港に戻さずに輸出に転用し、空コンテナ輸送を削減する取り組みで

 

    す。詳細については募集要項をご覧ください。

 

【利用料金】

 

無料

 

【申込方法】

 

募集要項7ページの「2.応募手続き」に沿って必要書類をご用意いただき、メールにて<futo5@tptc.co.jp>までお送りくださ

 

い。

 

ご記入いただく書類は、下記リンクからダウンロードできます。

 

【提出書類】

 

ラウンドユース事業実績報告書(ラウンドユース枠申込事業者のみ実施期間終了後に提出頂きます。)

 

<記入例>ラウンドユース事業実績報告書

 

【参考資料】

 

位置図

 

構内図

 

よくあるご質問と回答<第3版>(令和元年6月27日10時更新)

 

 

最新情報一覧へ

ページの先頭へ戻る