品川コンテナ埠頭

品川コンテナ埠頭は、1967(昭和42)年にオープンした日本で最初のコンテナ埠頭です。
公共のコンテナ埠頭として、これまで東京都が管理・運営してきましたが、2009(平成21)年4月から当社が管理・運営を行っています。
延長745m(うち190mは外貿雑貨埠頭)、水深10mの岸壁を有し、主にアジア航路の小型コンテナ船に利用されています。

品川コンテナ埠頭

▲品川コンテナ埠頭

荷役作業中の船舶
▲荷役作業中の船舶
コンテナヤード ▲コンテナヤード

品川コンテナ埠頭平面図

品川コンテナ埠頭施設一覧

バース(船席名) SC・SD・SE・SF
借受者 第一港運㈱㈱住友倉庫東海運㈱日本通運㈱山九㈱
ターミナルオペレーター 同上(借受者5社による共同利用)
主な運航船社 陽明海運・正利航業・中外運集装箱運輸公司
上海錦江航運(集団)有限公司・天敬海運・太榮商船
東暎海運・東進海運・興亜海運・高麗海運
南星海運・汎州海運・長錦商船・汎洋海運
総面積 96,741m2
岸壁延長 745m
(うち190mは外貿雑貨埠頭)
水深 -10m
(うち550mは計画水深-11m)
コンテナクレーン 4基(13列対応)
ドライコンテナ蔵置能力 5,598TEU
リーファーコンテナ電源
プラグ口数
272口
ヤード内荷役方式 ストラルドキャリア・シャーシー併用方式
供用開始 1967(昭和42)年9月
 

ページの先頭へ戻る

会社法人等番号:0106-01-034839
法人番号:3010601034839
〒135-0064 東京都江東区青海二丁目4番24号 青海フロンティアビル10階
TEL : 03-3599-7303(代表)