大井コンテナ埠頭

大井コンテナ埠頭は、全長2,354m、連続7バースの大水深岸壁を有するなど、世界有数の規模を擁し、東京港のコンテナ埠頭の中核を担っています。
近年の大型化が進むコンテナ船や増大する貨物量に対応するため、2003年度(平成15年度)までに再整備事業を完了し、耐震強化岸壁3バースを含む高規格ターミナルに生まれ変わりました。
ターミナルは7バース全体で20基のコンテナクレーンを備え、10,000TEU級の大型コンテナ船の着岸も可能となっています。
また、最新のヤードオペレーションシステムやゲートシステムの導入及びコンテナ立体格納庫の整備により、ターミナル荷役の大幅な効率化が図られています。

▲世界有数の規模を誇るコンテナ埠頭

昼間の荷役作業

▲荷役作業

コンテナ立体格納庫
コンテナ立体格納庫(PDF/867KB)

大井コンテナ埠頭平面図

大井コンテナ埠頭施設一覧

バース(船席名) 第1号(O1) 第2号(O2) 第3号(O3) 第4号(O4) 第5号(O5) 第6号(O6) 第7号(O7)
借受者 川崎汽船㈱ ㈱商船三井 ワンハイラインズ 日本郵船㈱
ターミナルオペレーター ㈱ダイトーコーポレーション ㈱宇徳 東海運㈱ 日本コンテナターミナル㈱ ㈱ユニエックス
主な運航船社 川崎汽船・陽明海運・
新海豊集装箱運輸有限公司・
寧波遠洋運輸有限公司
商船三井・APL・現代商船・
Maersk・OOCL・MccTransport
ワンハイラインズ・
インターエイシアライン・
中外運集装箱運輸有限公司
日本郵船・ハバックロイド・OOCL・
Zim・APL・徳翔海運・現代商船
総面積 127,700m2 131,800m2 143,500m2 133,650m2 133,650m2 133,650m2 141,750m2
岸壁延長 330m 330m 354m 330m 330m 330m 350m
水深 -15m (計画水深-15m~-16m)
コンテナクレーン 3基(16列対応)
2基(20列対応)
3基(18列対応)
3基(21列対応)
3基(18列対応) 4基(17列対応)
2基(18列対応)
ドライコンテナ蔵置能力 9,000TEU 7,290TEU 10,368TEU 6,980TEU 11,160TEU 9,930TEU 6,894TEU
リーファーコンテナ電源
プラグ口数
0 612口 393口 775口 288口 612口 654口
トランスファークレーン 19基 24基 8基 20基
供用開始 2004(平成16)年
1月
1999(平成11)年
11月
1999(平成11)年
4月
2001(平成13)年
10月
2003(平成15)年
3月
2000(平成12)年
9月
1998(平成10)年
10月

ページの先頭へ戻る

会社法人等番号:0106-01-034839
法人番号:3010601034839
〒135-0064 東京都江東区青海2丁目4番24号 青海フロンティアビル10階
TEL : 03-3599-7303(代表)