よくある質問

建設発生土について

1. 建設リサイクルは何のためにやるのですか?

建設工事には多量の建設資源が使われ、また建設工事にともなって莫大な廃棄物が発生しています。限られた資源を有効利用し、環境を保全するためには、この建設廃棄物を廃棄物として処分するのではなく、資源として有効利用することが必要なのです。

 2. 「建設発生土」と「残土」は違うのですか?

従来、建設工事現場から排出される土砂は「残土」とよばれていました。 しかし、①に述べたように、資源としてリサイクルされるようになり、もはや残った余り物ではなくなったので、「建設発生土」とよぶようになったのです。

3. 建設発生土は何に使われているのですか?

主として、水面の埋め立て、宅地造成、鉱山・石切り場等掘削跡の埋め戻し、スーパー堤防の構築などです。

4. 土砂を水面に投入して環境汚染を起こさないのですか?

埋立そのものが環境に与える影響は埋立計画の環境アセスメントでチェックされています。 埋立材料が環境汚染を起こさないように、材料の物理・化学性状について法律で基準が制定されています。東京港埠頭株式会社では、処分場所に応じた受入基準を定め、この基準に適合する建設発生土のみを受入れています。

ページの先頭へ戻る